ESG

ESG

ダイヤモンド・リアルティ・マネジメントの目指すESG

ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント(株)(DREAM)は、MCグループ会社として、MCグループ経営理念である「三綱領」を企業活動の土台とし、その上で「企業行動ポリシー」を定め、事業活動の目的やその在り方、人権の尊重、地球環境への配慮などに関する「役職員行動規範」、「環境憲章」及び「社会憲章」を制定し、公正で健全な事業活動を通じて社会の持続可能な発展や成長の実現を目指しています。

ESGの目標

DREAMは、当社が目指すESGの達成に向けて、投資家やテナント等のステークホルダーとのコミュニケーションにより、ESGへの配慮をした持続可能な社会の形成に貢献することを目指し、当面、次の取組みを推進します。
また、その成果の評価・改善の為にPDCAサイクルを取り入れます。

  • GRESB等の外部評価機関による調査に参加することで、当社のESG取組についてモニタリングを行い、また評価結果を今後の改善に活用して、ESG取組の更なる推進を目指します。
  • DREAMが運用するファンドの保有資産において、年に1件以上の環境認証・評価を取得し、保有資産の環境性能や保有資産における取組のモニタリングを行うとともに更なる価値向上を目指します。
  • 従業員等への満足度調査を最低3年に1度以上実施し、調査結果について今後の満足度を向上させるためのプログラムに活用することで、従業員の定着度や生産性向上を目指します。
  • ESGに関する従業員研修を年に2回以上実施し、ガバナンス・社会・環境面での知識・意識の向上に努め、ガバナンス・リスクの軽減や社会・環境面での取組の今後の更なる強化を目指します。
  • 個別テナントとの協議会、ステークホルダーとの勉強会の開催や積極的なIR活動等を実施します。