ESG

ESG取り組み事例:責任投資原則への署名

責任投資原則(PRI)への署名

「責任投資原則(PRI:The Principles for Responsible Investment)」とは、2006年に当時の国連事務総長が金融業界に対して提唱した6つの原則を実現させるための国際的な投資家のネットワークです。
原則では、環境(E:Environment)、社会(S:Social)、企業統治(G:Governance)(ESG)の課題を投資の意思決定に取り込むことが提唱されており、これらの視点を投資の意思決定プロセスに組み込むことで、受益者の長期的な投資成果を向上させることを目指しています。

ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント株式会社は、PRIの基本的な考え方に賛同し、2017年5月に署名機関となりました。なお、本原則への署名は、本邦の不動産ファンド運用会社としては、数少ない事例となります。

責任投資原則(The Principles for Responsible Investment)の要旨

  1. 私たちは、投資分析と意思決定のプロセスにESGの課題を組み込みます
  2. 私たちは、活動的な所有者になり、所有方針と所有慣習にESG問題を組み入れます
  3. 私たちは、投資対象の主体に対してESGの課題について適切な開示を求めます
  4. 私たちは、資産運用業界において本原則が受け入れられ、実行に移されるよう働きかけを行います
  5. 私たちは、本原則を実行する際の効果を高めるために、協働します
  6. 私たちは、本原則の実行に関する活動状況や進捗状況に関して報告します

本件について詳しくは、「Principles for Responsible Investment」のウェブサイトをご覧ください。(英語のみ)